元々子供や赤ちゃんが好きな方ではなく、むしろ苦手な方だったった男の育児日記です。 育児の過程で感じたことや使ってみた育児用品のレビューなどを綴っています。

授乳中の食事

妻が出産後退院してからの食事ですが、授乳中の食事について色々と検索したところ、根菜を極力とれるようなメニュー・和食が良いようだとありました。

私の場合、学生時代から10年間ほどは1人暮らしをしていたので、洗い物や掃除、洗濯などの家事はそれほど苦ではなかったのですが、料理に関しては1人暮らしをしていた頃でもあまりしておらず、ほとんど外食か弁当で、たまに作ってもカレーとかラーメン、チャーハン程度のものだったので、和食を作るとなるとハードルが高かったですあせる

そこで、私でも作れ、根菜が一杯取れるメニューとして活躍しているのが具だくさんみそ汁です。

作り方は簡単。

だし汁(出汁を取ったりはしたことがないので、ほんだしを使っています)に椎茸を入れ、大根・ごぼう・にんじん・さつまいもなどの根菜類と、あとはその時によってねぎ・あげ・ふ・豆腐など適当に具材を入れています。

火が通ったら塩分を控えるために味噌を薄めにとくだけで完成ビックリマーク

これなら今まで料理をほとんどしていない男性にでも簡単に作れてしまいます。

はじめのうちは豚肉も入れて豚汁にしていたのですが、極力お肉は控えた方が良いというのと、野菜だけで作っても十分に甘みが出て美味しいことが分かったので、途中からは豚汁ではなく、具だくさんみそ汁になっています。

私の場合、具だくさんみそ汁をルクルーゼで作っているのですが、

ルクルーゼだと作ってしまって置いておくと美味しくなっているので楽ちんです。

一度作ると食事のたびに食べても私と妻とで大体2-3日食べられるので、重宝しています。

最後の方は味噌汁というより、根菜の煮物状態になっていきますあせる

夕食の際に亡くなった時は夜の間に作ってしまい、翌日朝から食べています。

具だくさんなので、味噌汁というより、おかずとして成り立っている感じです。

赤ちゃんがいると中々料理に時間をかけられない日も多いので、具だくさんみそ汁を作っておくと、ご飯さえ炊けば、簡単に一品つくれば食事になるので時間の短縮にもなっています。