元々子供や赤ちゃんが好きな方ではなく、むしろ苦手な方だったった男の育児日記です。 育児の過程で感じたことや使ってみた育児用品のレビューなどを綴っています。

日立の洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-D8MV-Wを購入

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

今使っている洗濯機が結婚前から妻が使っていた10年以上前の小さいもので、私と妻の二人の時は問題なかったのですが、赤ちゃんが生まれてからベビー服やバスタオルなどで洗濯物が増え、洗濯が一回では終わらず、朝に2回洗濯しないといけない日が出てきました。

また、古い洗濯機で石鹸かすやら黒カビやらがひどく、かなり頻繁に酸素系漂白剤で洗濯槽を洗浄していてもその度にすごい量の黒カビが浮いてくるという状態になっていたので、赤ちゃんのものを洗うのに衛生的にも不安ということで洗濯機の買い替えを検討してきました。

半年前くらいに洗濯機の買い替えを検討した時は洗濯機の下の防水バンのサイズを測ると今の洗濯機のサイズからすると小さすぎ、「買い換えたいけど防水バンがなー・・・」と思って断念していました。

今回、さすがに限界を感じて防水バンごとの買い替えも含めて調べていると、防水バンの内寸よりも洗濯機の外寸が小さくないと洗濯機が防水バンに入らないと思っていたことが間違っていたことが判明しましたあせる

私はずっと洗濯機の外寸の最大部分のサイズを見ていたのですが、洗濯機の脚の部分は洗濯機本体より内側にあるため、防水バンが小さくても足の部分が入れば設置できることを知りました。

そこで半年前に検討した時に色々見て気になっていた日立のビートウォッシュを見てみると、半年前にはなかった機能の「自動おそうじ」機能なるものがありました。

どうやら2011年6月に出たモデルについている機能のようで、洗濯の度に、洗濯槽の裏側などの見えない部分の皮脂汚れや洗剤カスを自動おそうじという機能です。

洗濯槽の汚れ・黒カビに悩まされてきたので、「この自動お掃除機能は欲しい!」とすぐに日立のビートウォッシュに心惹かれました

9kgのモデルは大きすぎ、7kgのモデルでは自動おそうじ機能がついていないため、8kgのモデルで乾燥機能付きのBW-D8MVがかなり気になってきました。

防水バンも内寸奥行54cm以上あれば設置できるとなっており、かろうじて設置できそうだと分かりました。

そして価格を見ていると、6月当初は12~13万はしていたのが、9月には安いところは10万円程度になり、今は安いところだと8万円を切っているということでお得感を感じて購入を決めました。

色はシャンパンと白とがありましたが、妻の意見で白にすることに。

今日届く予定なのですが、赤ちゃんの服やバスタオルがいっぱいあっても十分1回で洗濯できるでしょうし、届くのが楽しみです。

ここ2か月ほどで赤ちゃんの這い這いとつかまり立ちに備えて家具をいくつか買ったのと、この洗濯機などで結構な出費になってしまっていますが、これで赤ちゃんが歩き回るようになっても快適に暮らしやすくなれば良いなと思っています。