元々子供や赤ちゃんが好きな方ではなく、むしろ苦手な方だったった男の育児日記です。 育児の過程で感じたことや使ってみた育児用品のレビューなどを綴っています。

windows8に四苦八苦

ずっと使ってきたwindows xpのデスクトップパソコンが古くなってき、昨年あたりから買い替えを検討していました。

DVDドライブが開かなくしまっていて、今更ドライブを取り換えるなら本体ごと買い換えようかなと思っていて、円安が進むとパソコンの価格も上がりそうな気もし、新しいパソコンを購入することにしました。

昨年いろいろと検討した時にも気になっていた、asus(エイスース)のデスクトップにしました。

ただ、昨年検討した時に良さそうに思ったwindows7のものの後に、windows8のモデルが昨年末に出ていました。

windows8の評判があまりよくないようなので、型落ちのwindows7版にしようかとも思ったのですが、windows7版の方が値段が高いという状況・・・

そこで、windows8は不安なものの、新しい方のwindows8搭載モデルASUS CM6870-JP001Sを購入しました。

選んだ理由はスペックと値段のバランスです。

【CPU】Core i7-3770、【メモリ】12GB、【HDD】1TB、【ドライブ】ブルーレイディスク (2層ディスク対応)、【モニター】なし、【グラフィック】NVIDIA GeForce GT 640、【OS】Windows 8 64ビット

動画のエンコードなどをするのに今までのxpのパソコンだとかなり時間がかかっていたのと、子供が生まれてから画像や動画を扱う機会が増えたのとで、速さに期待して購入しました。

パソコンを買うたびに思うことですが、「このスペックでこの値段か~、安くなったものだな~」ということです。

今まで使ってきたxpのデスクトップの3分の1くらいの価格で、スペックは今までのパソコンとは比較にならないくらいです。

windows8のUIの評判の悪さは不安でしたが、ウインドウズ8はスピードは速いという評判も見て、UIはそのうち慣れるだろうと思いました。

パソコンが届いて、さっそくタイル状のデスクトップに戸惑いながらまずはセットアップ。ウインドウズ転送ツールを使ってxpから8にデータと設定を移行させるのにもかなりの時間がかかりましたあせる

すべてのプログラムをどこから見るのかや、シャットダウンの仕方も検索しなければ分かりませんでした汗

スタートボタンがないのはやっぱり使いにくいため、検索してスタートボタンを表示できるソフトを入れました。

その後、ソフトをインストールし、ウインドウズ8ではxpで使っていたoutlook expressは使えないため、outlook expressのメールをgmailで使えるようにし、などなど色々とやっているうちに丸3日が過ぎてしまいました。

何度もモニタと新旧のパソコンをつなぎなおして新旧のパソコンで作業をし、この3日でウインドウズ8のUIの評判の悪さを実感しましたあせる

何とかようやくパソコンが使える状態になったと思い、仕事のファイル作成をしようとしだしたら、今度はマウスのボタンの設定に苦労しました。

ロジクールのCordless Desktop MX 5500 Revolutionのキーボードとマウスを使っており、動作はレシーバーをパソコンに刺しただけで行えたのですが、マウスのone-touch searchボタンがおかしい。

ボタンを押すだけでドラッグした文字列を検索してくれるというとても便利なボタンで、グーグル検索結果を新しいタブで表示する使い方をしてきたのですが、なぜかwindows8のアプリ検索にいってしまいました・・・

ロジクールのwindows8対応のセットポイントをインストールしてもone-touch searchボタンの細かい設定ができなくて、windows8ではダメなのかなーと諦めかけていました。

このマウスは5-6年前にMX revolutionをまず使ってその素晴らしさに感動し、あまりにも良いマウスだったのでMX revolutionはノート用にし、デスクトップ用にキーボードとセットでお得な価格になってたCordless Desktop MX 5500 Revolutionをデスクトップ用に購入したものです。

マウスとしてはかなり高額ですが、操作性が素晴らしく、長時間作業をした時の疲れ方も全然違うので重宝しており、one-touch searchボタンが使えないとなるとかなり痛い・・・

何とかならないものかと検索していると、海外のサイトの掲示板のようなものを見つけ、それによるとLOGICOOLのセットポイントの最新版SetPoint 6.51 では one-touch searchボタンで細かい設定ができなくなっているのを、前のバージョンのSetPoint 6.32に戻するとone-touch searchボタンで検索エンジンを設定できるようなことがわかりました。

インストールしたばかりのSetPoint 6.51 をアンインストールし、SetPoint 6.32をインストールして祈るような気持ちでセットポイントを起動したところ、one-touch searchボタンの設定で検索エンジンを選べるようになっていましたビックリマーク

これでようやくマウスが機能してくれるようになりました。

設定に苦労し、慣れないwindows8のUIに四苦八苦しましたが、その間に触っていて新しいパソコン・wndows8の速さも実感できました。

使い慣れるのにはまだ時間がかかりそうですが・・・